Research & Development

ソリューション

未来を見通す先見力と
想像力

01

自動車の
電子システム開発

自動車の自動運転や電動化を高品質なソフトウェア開発力で支援し、
MaaS時代の安心・安全なモビリティの創造に貢献します。

自動車の電子システム開発

自動車の技術革新につながる先端機能開発

自動車業界に押し寄せる「CASE※」領域の技術革新。自動運転技術は、運転の主体をドライバーからシステムへと変化させ、より一層の信頼度向上が求められています。また、環境対策を背景にPHV(プラグイン・ハイブリッド車)・FCV(燃料電池車)・BEV(バッテリー電気自動車)といった電動車の急速な普及が見込まれています。
セリオは、自動運転機能のレベルアップや燃料電池・バッテリーに関するデバイス開発を通して、次世代車両の普及を支援します。

※CASEとは

Connected(接続性)・Autonomous(自動運転)・Shared & Services(共有)・Electric(電動化)の頭文字をとった造語。

車載システムのシミュレーション環境構築

多くの電子技術が搭載されることにより自動車の精密機器化が進むにつれて、その評価の多くはシミュレータで自動化されつつあります。実際の試験車両での評価はドライバビリティ面(操作性)の向上が主な目的になっていくため、シミュレーション環境のさらなる充実が必要となってきます。
セリオは、シミュレーション環境の構築業務にも重点を置いており、開発工数の低減と安心・安全な品質の確保を支援します。

設計手法・アーキテクチャの創造

既存の開発手法にこだわることなく、時代の変化・技術の変化に適応する高品質なシステム開発力を身につけるため、ソフトウェア開発手法やアーキテクチャに対する技術を磨いていきます。
UX※を研究し、お客様が使ってみたいと感じるシステム開発、お客様の業態にあったソリューションを提案していきます。

※「UX」…

ユーザーエクスペリエンス。製品やサービスを利用して得られる体験。

東 英治
オートモーティヴソリューション本部
副本部長
東 英治Higashi Eiji

自動車は所有から利用へ

自動車業界は「100年に一度の変革期」と言われ、代表的な技術革新領域「CASE」の研究・開発スピードを上げるため、自動車メーカーは世界中の他業種と連携を深めています。
さらに運輸業界においては、個々の交通手段を移動のためのサービス・コンテンツとして考えるMaaS(Mobility as a Service)が発展しつつあり、かつて所有することが目的だった自動車は、シェアされる自動運転車という形で移動を最適化するためのひとつの手段になると考えられており、例えば運転免許証を持たない高齢者が移動する際のハードルを下げることが期待されます。私たちは、ソフトウェア開発を通して社会の抱える課題を解決するお手伝いができればと考えています。

強みはクオリティファーストの姿勢

セリオは、これまで先端機能の開発やシミュレーション環境構築業務の中で、人の力を信じ、失敗から学びながら、品質を第一にサービスを提供してきました。このクオリティファーストの姿勢こそが強みであり、お客様から選んでいただける理由だと考えています。急速に環境が変化する時代ですが、これからも強みを磨きつつ、将来必要な技術力を身に付け、安心・安全なモビリティの創造に貢献していきます。

02

製造業向け
ソフトウェアの開発

製造業を取り巻くソフトウェアを先端アーキテクチャ・先端テクノロジーで構築し、
製造業の新たなビジネス創造をITで実現します。

先端IT技術でビジネス創造を支援する

生産現場には様々なデータが蓄積され、デジタル化による変革がすでに始まっています。
デジタルデータを最大限に活かしたビジネスモデルを創造するDX(デジタルトランスフォーメーション)を支えるのは、先端IT技術です。セリオはDXを実現するために、IoT三層(デバイス層、エッジ層、クラウド層)を融合した開発体制をとることができ、更にエンジニアリングのソリューションに必要な数値演算技術も、長年の経験により高度なレベルで対応が可能です。数値演算技術で生成したデータに基づいてデバイスを数値制御し、そこにエッジ層、クラウド層を融合させた新たなサービスをワンストップで提供します。
お客様である製造業の核となる製品の「品質」へのこだわりは、セリオのソリューションに対するそれと通底する信念であり、そのソリューションをもって、これからの製造業にイノベーションを起こしたいと考えています。

製造業向けソフトウェアの開発

ソフトウェアによる産業機器の高性能化

あらゆる産業を支える産業機器は日々進化し続けており、その制御も高度化・複雑化しています。我々セリオは、工作機械やその周辺機器を、強みである数値演算技術によるリアルタイムな形状測定・画像解析・AIで制御し、加工しながら機器にフィードバックするなどで、さらに高品位なカッターパスの生成や、段取り・補正等などの手動作業を削減する技術をご提供します。
今後は工作機械だけではなく産業機器全体へと適応範囲を広げ、工場全体の自動化の核となる制御技術の開発も手掛けたいと考えております。他社にない高度な数値演算・制御技術がセリオの武器であり、そこにデジタル活用技術を融合させたご提案により、他社との差別化を実現します。

依藤 直紀
エンジニアリングソリューション本部
副本部長
依藤 直紀Yorifuji Naoki

製造業のお客様に高度なIT技術を届ける

私は、製造業での「モノづくり」とソフトウェアでの「モノづくり」は共通するものであり、その核となるものは「技術」であると考えています。セリオは自ら学び高めようとする文化があり、様々なプログラミング技術から、設計技術、数学・物理学、通信規格、先端IT技術まで幅広く機会を設け、組織として技術力向上のための取組を継続しています。この「技術」でお客様の求めるご要望を凌駕するソフトウェアをご提供し、さらにはお客様と協創で互いに高めあえる関係を構築することで、一緒に付加価値の高い「モノづくり」をしていきたいと考えています。

「セリオクオリティ」を世に知らしめたい。

高品質なものを提供したいという信念のもと、プロジェクトに合わせた開発プロセスの最適化や、コード自動生成、テスト自動化、他にもコンテナ、デプロイ自動化などに取り組むことで、標準品質と開発速度の向上を実現しています。
また、私が担当するクラウド層の領域については、クラウドネイティブアーキテクチャに着目し、アプリケーションの自動修復、自動スケールや、各種マネージドサービスにより、稼働後の品質向上と、お客様のビジネスのスピードアップや運用コスト最適化も実現していきたいと考えています。
さらには、IoT三層を融合した開発体制の利点を最大限に活かし、クラウド層によってもたらされるあらゆるデータとその分析を、数値演算やエッジ層にフィードバックすることで製品の品質を継続して向上させる。この好循環を生みだせるのはまさに三層いずれの技術領域にも高い水準で精通したエンジニアがいてこそであり、それらをもって、今後さらにモノの新たな付加価値を創造できる技術集団となることを目指しています。

お客様の期待を凌駕する品質の実現と、新たな付加価値創造を「セリオクオリティ」とブランド化し、セリオクオリティのシステムを適用した機器や、そこから生み出される最終製品をたくさん世の中に誕生させることが、私の夢です。

03

モノリス型システムの
クラウドネイティブ化

長年使い続けたことにより肥大化し変更が難しくなった既存システムを、クラウドネイティブで変化に強い仕組み、
マイクロサービスへと生まれ変わらせます。

2025年の崖への対応

現在、多くの企業で利用されているシステムは、1つのシステムに様々な機能を拡張する形で成長してきました。肥大化したシステムは機能の追加、変更に莫大なコストと時間がかかります。さらに2025年以降、これらの古い技術で作られたシステムを維持・保守してきた技術者が定年を迎えます。「2025年の崖」と呼ばれるこの時期を境に、多くの企業のシステムが、ビジネスの変化についていけなくなることが懸念されています。我々は確実に起こるその事象に対応すべく、変化に強いシステムとはどうあるべきか、またどうやってその姿へ既存のシステムを移行していけばよいかという課題に、内部のプラクティスや研究を通じて向き合い、お客様と一体になって生まれ変わらせることを目標に掲げ、取り組んでいきます。

2025年の崖への対応 2025年の崖への対応

アジャイル型開発へと移行

ソフトウェアとは目に見えないものであり、その品質は不確定要素と如何に対峙するかということとイコールだと考えます。我々はお客様に高品質なシステムを提供するために、社内でプラクティスや研究を通じて、数多くの失敗例を積み上げることを活動指標としています。多くの失敗は、不確定要素を抱えたソフトウェアの正しい、あるべき姿を浮かび上がらせてくれます。また開発手法においては、従来のウォーターフォール型からアジャイル型へと移行させ、開発スピードを上げ、小さな仕様変更にも柔軟に対応します。これらの活動を通じた成果として、高品質なシステムをお客様に提供していきます。

アジャイル型開発へと移行 アジャイル型開発へと移行

マイクロサービスの構築に向けて

「2025年の崖」へ対応するために、マイクロサービス型のシステム開発ノウハウを蓄えることを直近の目標に定めています。クラウドネイティブなマイクロサービスの実行環境としてDockerをはじめとしたコンテナ技術、Kubernetesのようなコンテナオーケストレーションを活用していきます。システム開発と一言で言ってもシステム開発のプロセス、技術は時を経るごとに変化し、これからも変化し続けるものです。その変化にしっかりと追従し、未来に向けて準備をすることが我々の使命だと考えています。2020年4月「先端技術R&D部」が創設され、新技術を活用した開発やより良い活用に向けた研究、既存技術の改良などに力を注いでいます。

若林 篤史
先端技術R&D部
部長
若林 篤史Wakabayashi Atsushi

挑戦と失敗こそ糧となる

先端技術R&D部は、既存システムを生まれ変わらせるべく、変化に強い仕組みとしてマイクロサービス化について技術面、プロセス面、アーキテクチャについて研究開発を行う部署です。我々の組織の重要な指標として「失敗の数」を掲げています。この指標を用いて、多くの課題を自ら見つけてチャレンジしています。テストの設計やプロセスについても当然力を注いでいますが、もう一つ大事な点として、そもそも不具合が入り込みにくい仕組みとはどういったものかを常に考え、アーキテクチャや構築プロセスも見直しを重ねることを重視しています。

長く役に立つシステムを作りたい。

私はソフトウェアを「作る」ことと「動かす」ことの両面について業務経験を積んできました。その経験を活かして本当の意味で長く役に立つシステムとは何かを追求していきたいと思っています。中小企業は非採算部門を持たないところが多いですが、セリオは未来に向けた取り組みとして、非採算部門である先端技術R&D部を持っています。新しいことに挑戦できること、社員が成長できる仕事を選択できること、それがセリオが掲げる目標であり、セリオをさらに強くすることにつながっていくでしょう。