Office Tourオフィスツアー

セリオのオフィスを紹介します。

TECHNOLOGY CENTER
TECHNOLOGY CENTER
エントランス
エントランス
応接室
応接室
会議・休憩室
会議・休憩室
グループワークエリア
グループワークエリア
オープンワークエリア
オープンワークエリア
ミーティングスペース
ミーティングスペース
プロジェクトルーム
プロジェクトルーム
会議室
会議室
休憩スペース
休憩スペース
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
HEAD OFFICE
TOKYO OFFICE
TOKYO OFFICE
TOKYO OFFICE
TOKYO OFFICE
OSAKA OFFICE
OSAKA OFFICE
OSAKA OFFICE
OSAKA OFFICE
TOYOTA OFFICE
TOYOTA OFFICE
TOYOTA OFFICE
TOYOTA OFFICE
NAGOYA OFFICE
NAGOYA OFFICE
NAGOYA OFFICE
NAGOYA OFFICE

テクノロジーセンター

社員の創造性をさらに引き出す目的で建てられた新オフィス、テクノロジーセンターは2020年10月に完成。高セキュリティ対策を講じた専用のプロジェクトルームも完備しています。

エントランス

お客様をお出迎えするエントランスは、植物の生命感あふれる壁面の「タテニワ」が印象的。iPadによる受付システムを採用し、さらに執務エリアへの入場口にはセキュリティゲートを設けることで、建物自体のセキュリティを強固なものにしています。

応接室

1Fにはお客様との応接や打ち合わせなど、様々なシーンで利用できる応接室が2室あります。天井が高く、大きな窓に囲まれた明るく開放感のある空間です。

会議・休憩室

1Fに設けられた会議やイベント開催も可能な映像・音響機器を備えたスペースには、バリエーション豊富な家具を揃えており、普段は休憩室としても使用することができます。

グループワークエリア

2Fの執務フロアは、ABW(Activity Based Working)の考え方を採用し、様々な働き方に対応するためにエリア分けされています。プロジェクト内のチーム単位で、コミュニケーションを取りながら業務を行なえるグループワークエリアを設けています。

オープンワークエリア

オープンワークエリアには、気分や仕事の内容に合わせて好きな場所で業務を行うことができるように、ソロワークから同時に8人まで利用できる様々なタイプのデスクとチェアを配置することで、生産性を最大限発揮できる環境を整えています。

ミーティングスペース

グループワークエリアとオープンワークエリア、それぞれのエリアで業務を行うメンバーがコミュニケーションをとりやすいように、両エリアの中間にミーティングスペースを設けています。ワイヤレス会議システムも搭載し業務の効率化につなげています。

プロジェクトルーム

2F・3F合わせて5室あるプロジェクトルームは、お客様ごとの様々なセキュリティ要件に対応できる環境が備えられています。プロジェクトメンバーの増減にもフレキシブルに対応することができるよう、デスクとチェアを統一しています。

会議室

4室ある会議室は、様々な会議のシチュエーションに応じて利用できるようにデスクやチェアの仕様や配置も変えています。また部屋ごとにテーマカラーを決め個性を出しています。全ての部屋には、会議資料をワイヤレスで共有できるシステムを導入し、会議の生産性向上に役立てています。

休憩スペース

2Fには執務エリアと隣接して、キッチンカウンターを備えた休憩スペースを設けています。業務の間のちょっとした息抜きや、ランチなどいつでも自由に利用することができ、いろいろなエリアで働く社員の遭遇の場になっています。

本社外観

本社オフィスは2003年のオープン以降、2013年までに事業用途に合わせて段階的にリノベーションを行ってきました。社員が働きやすい職場環境の整備に努めています。

エントランス

あたたかく柔らかな雰囲気のレンガ壁のエントランスが、お客様をお出迎えします。鳥の羽ばたきをモチーフにしたセリオのシンボルマークが存在感を放っています。

会議室

大画面モニターを設置した会議室では、お客様や他拠点とのWEBミーティングの他、経営会議、戦略会議を行います。席を組み換えたり、部屋を間仕切ることで、フレキシブルに利用することができます。

1F開発フロア

1F開発フロアでは、主に数値演算を駆使した製造業向けのソフトウェア開発と、基幹系のソフトウェア開発を行っています。壁一面のホワイトボードは社員間のコミュニケーションツールとしても利用されています。

2F開発フロア

2F開発フロアは主に産業系向けソフトウェアの開発を行っています。チームごとにコミュニケーションをとりやすいようにデスクを配置しています。ミーティング用スペースもフロア内に設けており、数人でのミーティングもスムーズに行えます。

制御系開発室

2F制御系開発室は、制御系システム開発に必要な各種部材や工具、お客様からお預かりしている装置が並んでおり、他開発フロアとは違った雰囲気があります。少数精鋭で開発に取り組んでいます。

スタッフルーム

会社を後方からサポートする総務・経理メンバーが、社内情報を厳重管理しながら業務を行っています。プロッターや高性能プリンターを使用し、社内POPやグリーティングカードなどの印刷物の制作も行っています。

休憩スペース

日当たりのいいカフェのような休憩スペースは、気分転換に休んだり、お昼休みに食事をとったり、仲間と談笑したり、いつでも自由に利用できます。フリードリンクコーナーもあり、気分に合わせて自由なスタイルでくつろげるように、チェアやテーブルにもバリエーションを持たせています。

執務室

2016年に移転、リニューアルした東京オフィスでは、主に首都圏のお客様の開発業務を行っています。セキュリティレベルに十分配慮しながら開発業務や打ち合わせを行うことができます。

執務室

執務室のデスクは全て昇降式のため、時にはスタンディングで気持ちと身体をリフレッシュしながら業務を行うことができます。

執務室

2018年に移転、リニューアルした大阪オフィスでは、主に関西地区のお客様の開発業務を行なっています。時には自由に、時にはチームでの業務が行いやすいようデスクを配置しています。

応接室

セキュリティの内外に設けている応接室と会議室には、壁掛けの大型モニタを設置しているため、打ち合わせや会議の際の資料共有をスムーズに行うことができます。

執務室

2018年に新設した豊田オフィスには、通常の執務室の他に、お客様から持ち帰る開発案件のためにセキュリティをさらに強化したプロジェクトルームを設置しています。

エントランス

お客様をお迎えするエントランスは、東京、大阪、名古屋の各地のオフィスと共通で、セリオの若々しく明るいイメージを表しています。

執務室

2019年に移転、リニューアルした名古屋オフィスでは、中部地区のお客様の開発業務を行なっています。大きな窓に囲まれているため日当たりが良く、見晴らしも良いオフィスです。

休憩スペース

オフィス内には、東京、大阪、豊田の各地のオフィスと同じくリフレッシュスペースを用意しており、いつでも自由に利用できます。